【地球上でたった1人】悟りを開いた男

【地球上でたった1人】悟りを開いた男

 

仏教の目的は、修行によって煩悩を断ち切り、悟りを開く事です。

実際に修行によって悟った人は何人いるのでしょうか?

実はたった1人しかいないんです。

その人物の名はシャカ、インドの王族の王子として生まれました。

 

別名;釈尊(シャクソン)とも呼びますが、その由来は、、、

シャカ族の王子 → 迦族のい人 → 釈尊

という成り立ちです。

 

この世で悟りを得たのは、釈尊たった1人です。釈尊はブッダ(悟った人)となり、仏教が広まっていきます。

 

 

【カースト制度】約2500年前のインド

 

 

シャカが生きた時代は今から約2500年前です。当時のインドはカースト制度が強く根付いていていました。

カースト制度とはインドの階級制度で、4つの階級に分けられています。

階級が高い順に、

バラモン(司祭)

クシャトリア(王族、武士)

ヴァイシャ(平民)

シュードラ(奴隷)

に分かれておりそれ以下の身分の者は、アチュート(人間扱いされない人たち)と呼ばれていました。

シャカは王族なのでクシャトリアの階級だったと言われています。

カーストは親から子供へ受け継がれるので、変えることはできません。他の階級との結婚も認められておらず、下の階級は飢えや病気などが蔓延し、死と隣り合わせの生活をしている人がたくさんいました。

 

 

世の中のリアルを知ってしまった王子、シャカ

 

 

王子として生まれたシャカは、29歳まで城から出る事なく何不自由なく暮らしていました。城の外には病人や死人が転がっていましたが、王子であるシャカの周りは健康な人が囲み、城外の世界を見る事なく暮らしていました。

 

ところがある日、初めて城の外に出たシャカは、老人、病人、死人という存在を一度に知り衝撃を受けました。そして自分もいつかこうなると初めて知ったシャカは、絶望しました。

そして次にシャカが見たものは出家者という存在でした。絶望していたシャカの目に、出家者の姿は、あまりにも輝いて見えました。迷いがないその姿に「自分の生きる道はこれだ」と確信したそうです。

世の中のリアルを一気に見たあとに、出家者の存在を知り、自らも出家されました。

ここから、後のブッダとなるシャカの修行の旅が始まります。

 

 

苦行から悟りまで

 

シャカは出家後6年間、山で様々な苦行をされました。しかし、苦行では苦しみの原因を解決できないと気づき、山をおりました。

苦行をやめ、ブッダガヤという場所で木の下に座り、瞑想を始めました。

この時シャカは、悟りを開くまで瞑想をやめないという「不退転」の覚悟決めました。

※不退転・・・退転しない。何があっても退かない。

そしてついに悟りを開き、ブッダ(真実に目覚めたもの)になりました。

 

 

シャカとアミダの関係

 

 

結論から言うと、シャカはアミダの弟子です。

シャカはインドに実在した人物で、アミダはです。

この世で悟りを得た唯一の人間であるシャカ、彼がアミダの存在を人間に教えたのです。

 

宇宙にはアミダ以外にも仏がたくさんいます。ビルシャナ仏、大日如来、薬師如来などです。

 

【知っておきたい】カテゴリの最新記事