【日本人の宗教観】増え続ける「無宗教」の人たち

【日本人の宗教観】増え続ける「無宗教」の人たち

 

初詣、祈祷、ハロウィン、クリスマス、お盆参りにお葬式

短歌みたいになりましたが、日本には多くの宗教行事があることが分かります。

 

初詣、祈祷は 神道

ハロウィン、クリスマスは キリスト教

お盆参り、お葬式は 仏教

 

このように、日本には異なる宗教の行事が存在し、日本人は参加します。

よく考えると少し変ですよね。

私の宗教は一体どれなんだろう?そんな疑問を持ち、日本の宗教観について調べてみました。

 

あなたの宗教はなんですか?

 

この問いに対し「あ、自分は無宗教なんで」「よく分からない」という声が多いような気がします。

 

その中で、自分に合っているから、自ら無宗教を学んでいる人は一体どれくらいいるでしょうか?

日本は宗教の自由が保証されているので、宗教を選ぶことができます。神道、キリスト教、仏教、どれも当てはまりそうだから断言できず「無宗教」と言っている人もいるかもしれません。

実家がお寺の檀家である等の理由で、無宗教だと自覚している人が、調べてみると実は仏教徒だった、なんて事もあります。

 

宗教と急接近する日は突然くる

 

日常的にお寺に行く習慣がない人にとって、お寺や仏教は未知の世界です。宗教と聞くだけで、怪しいというイメージが先行するかもしれません。

全く宗教に興味がない人が、宗教を学び始めるきっかけはなんでしょう?

それは、身近な人の死のような、非現実的な経験をした時です。

それは予測できない非現実との遭遇であり、宗教に興味を持つきっかけになりやすいでしょう。

お葬式やお盆参りでお寺に行き、非日常的な空間でお経を聞いて「あ、自分は仏教徒なんだ」実感する人もいます。

 

お経を聞いても呪文にしか聞こえない

 

会社のミーティングでも、知らない単語ばかりのプレゼンは眠くなりますよね。「参加する意味ある?」とさえ思ってしまいます。しかし、専門用語の意味を知っていると、会議についていけるので眠くなりません。

仏教用語を知らない人にとって、法要は眠い時間になってしまいます。身内のお葬式などのタイムリーな法要では、意味不明な単語も受け取り方が変わるかもしれませんが。

知らない単語ばかりで眠くなる、これが一般的な感想だと思います。仏教の言葉は専門用語であってそのまま読まれても呪文にしか聞こえません。

昔の言葉をそのまま使うのは、儀礼の伝統を守る背景があります。

そのままでは呪文でしかないので、現代語で分かるように説明していきます。

ブッダの言葉が、今の時代を生きる人に伝わらないのはもったいないです。

 

仏教には、現代のストレス社会を生きる私たちの心の闇を破る力があります。そもそも仏教は、生きている人のための教えであり、苦しみの原因を知り賢く生きるライフハックのようなものがそこにはあります。遠い昔から伝わり数え切れない人の心の支えになった教えが、この時代まで届いています。

【時事ネタ】カテゴリの最新記事