【節分】豆まき不要!鬼に恐れられた男

【節分】豆まき不要!鬼に恐れられた男

 

 

2月3日は日本全国で豆が飛び交うことでしょう。

最近はコンビニでも豆が手に入り、神社のイベントでも豆まきができます。

このように、日本では節分で豆をまく文化が古くから根付いています。

 

鬼に恐れられる人たち

 

多くの日本人は、鬼を追い払う為に毎年豆まきをしますが、豆まきをする必要がない人がいるそうです。

その人たちとは、名前が「ワタナベ」の全ての人です。

なぜかというと、ワタナベという名前を鬼が恐れて近寄ってこないと言われているからです。

その理由は平安時代にありました。

 

大江山の鬼、酒呑童子を退治した男

 

平安時代に京都を荒らしていた酒呑童子という鬼がいました。土地を荒らされ困っていた源頼光という武将は、鬼の元へある男を送りました。

それが、渡辺綱(わたなべのつな)です。

渡辺綱は部隊を引き連れ、鬼を退治しに行き、酒呑童子は退治されました。

その後、酒呑童子の子分である茨木童子が敵討ちに来ましたが。渡辺綱は強く、鬼を返り討ちにしました。

それから鬼は、ワタナベという名前を恐れるようになり、近寄らないようになりました。

これが、ワタナベさんが豆まきをしなくても良い理由です。

ワタナベさんは鬼を払う必要がなくても、福を招き入れる意味で豆まきに参加するのも良いかもしれませんね。

 

ちなみに恵方巻きを食べる際は、南南東やや右が恵方です(2018年)

 

 

【時事ネタ】カテゴリの最新記事