【お葬式に呼ばれた!】お焼香のマナーは?

【お葬式に呼ばれた!】お焼香のマナーは?

 

 

 

「お焼香ってどうやってやるの?」

もしあなたが、焼香台の目の前でこう思ったとしたら、時すでに遅しですね。

お葬式に参加する機会はいつも突然ですから、事前にマナーや作法を知っておくことが大切です。そうすれば、スマートに作法をこなすことができます。

 

お焼香

※お焼香の作法は、宗派によって異なります。その宗派に沿った作法をするのがマナーです。

今回は浄土真宗(本願寺派)のお焼香の作法を紹介したいと思います。

通常、お焼香はお坊さんがお経を読み始めてからスタートし、読み終えるまでに全員に回ってきます。しかし参列者が多い場合、お経が終わっても全員に回ってこないケースがあります。その場合は読経後も焼香を続ける場合があります。

 

作法

 

浄土真宗(本願寺派)のお焼香作法で、気をつける点は2点あります。

 

1、ひとつまみを一回
2、つまんだ指を、額にもってこない

 

焼香をする回数も宗派により異なりますが、浄土真宗(本願寺派)は一回のみです。

ひとつかみして、そのままダイレクトに香炉にくべます。

テレビなどでよく見る、頭に当てる動作はしません。

掴んだ焼香を額におしいただくのを正式な作法とする宗派もありますが、浄土真宗(本願寺派)はそのままくべるのが正式な作法です。

また、右手で焼香をするので、お念珠(数珠)は左手にかけておきましょう。

仏教では左手は不浄の手、右手が仏の手とされています。

インドでは今でも、キレイな物に触れる時は右手を使います。もちろん握手も右手でします。

両手を合わせて合掌するときは、不浄の手(人間)浄の手(仏)をくっつけます。

これには私たちが仏と一つになるという意味が込められています。

 

 

 

【知っておきたい】カテゴリの最新記事